ホーム » 美容・コスメ・化粧品の話題・商品の感想 » グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果について調べてみました
« スポンサードリンク »

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果について調べてみました


グルコサミンの補充を開始する場合、
コンドロイチンも合わせて
補充できるようにすると
効果を高めることができるでしょう^^


鮫軟骨やブタ、牛などから摂取できる
コンドロイチンは、日頃の食事からは
なかなか口の中には、入りませんね・・・。


コンドロイチンが存在することで、
関節や靭帯の弾力や滑らかさが
維持されています。


コンドロイチンも食事からの摂取は
簡単ではありませんので、
グルコサミンサプリメントと同様、
サプリメントの活用が適しています。


体内のグルコサミンは軟骨を作る作用に
影響を与え、コンドロイチンは作られた
軟骨が壊れないよう、弾力性を与える効果が
あるといいます。


関節に違和感がある方、関節に痛みがある方は
コンドロイチンやグルコサミンを
積極的に摂取するといいでしょう。


軟骨の状態を健康にするには、コンドロイチンと
グルコサミンの両方の効果が
どちらも必要と考えられます。


両方とも別々のサプリメントから補ってもOKですが、
グルコサミンもコンドロイチンも配合されている
関節サプリメントもあります。


一度、両方が含まれたサプリメントを検討してみるのも
ありだと思いますね^^
1日当たりの効果的な摂取量は、コンドロイチン1200mgと
グルコサミン1500mgとなります。


グルコサミン5に対しコンドロイチン4が
目安となるようです。


薬の場合は飲み合わせや、副作用の危険性も
考えなければなりませんが、
サプリメントは健康補助食品なので
薬の相性問題はありません。


サプリメントを使う時は、日頃から飲んでいる薬や
サプリメントとの相性が気になるものですが、
グルコサミンやコンドロイチンなら
ほぼほぼ!大丈夫ですね^^

関連記事

Return to page top