« スポンサードリンク »

格安マッサージの罠!

CA394328.jpg

なんか、経済的不況というのか、経済が低成長に
なってから、とにかく街中を歩いてて、目につくのが
いわゆる「○○マッサージ」の看板の文字。。
マッサージ屋さんができる前は、たしか・・・?


例えば、ハンバーガー屋さんだったり、ちょっとした!?
Caféやコーヒー屋さんなど・・・。
何か飲食店だったり、おしゃれな雑貨屋さんだったり、
けっこう!バラエティにとんでいたような。。


でも、気づいてみると、あっという間に閉店していて、
気が付けば、マッサージ屋さんに変身している
店舗がホント!少なくないよねーー(涙。。)
あとカラオケ屋さんへの変身!コレも多いかな。。


でも、特に繁華街では、マッサージ屋さんの看板って、
本当に大勢を占めるようになってまいりやした。
コレって、やっぱ!今の世の中、体調不良の人が
いかに多いのか?その辺を物語っているんだよね・・・。


結局、体調不良になってしまう人たちの大きな要因の
1つに、人間関係を軸にした、経済活動があるよね。。
でも、その経済活動が、今の世の中、稼ぎ方というか、
集金方法が、大きく変わり始めっちゃった(汗。。)


これは、国のあり方みたいなレベルで、物事を
見ていると、本当によくわかりやすよ。。
それらがここ最近、1番顕著に現れてきているのが、
世代間格差で有名になった、そーです年金問題!


年金がちゃんともらえない!もらえないんじゃなくて
ちゃんと掛けていても想像していた金額や、
はたまたある程度計算した額!それらを、かなり
下回る現実が誰の目にも明らかになってきた(泣。。)


まぁ~現実問題として、今現在、既に年金世代の人、
この人たちは、今の時代でよかったと思っている!?
そーいう風に考えている人たちが大半を占めている、
おそらく、その人たちの世代は、その下の世代。。


これから年金をもらう世代、あと数年で年金をもらえる、
そーではなくて例えば、あと10年後~20年後にもらう!
そのくらいの世代の人たちにとって、今の時代を
いわゆる現役世代でいることは、それは悲劇なのかも?


あぁーー!!何で、もらえないかもしれない年金を
こんなに払わなくちゃいけないのぉ・・・。
もらえない、誰しも、破たんすることはないと思ってる、
でも掛け率に対するリターンを計算しちゃうとヤバい!


そんな気持ちで、今の激動の時代を現役世代として
生きていかなくちゃいけない世代にとって、
これはもう他人事とかではなくて、あと若いから
今は大丈夫だとか、そーいう段階の話じゃなくさぁ。。


経済活動を円滑に進める上での健康管理!
コレって、もはや、高齢者の悩みや問題ではなくて、
20代~50代を歩いている、今の時代の現役世代、
現役世代たちにとっての健康問題・・・。


コレって・・・。本当に深刻な大問題になってきてる!
なのでちょっと街中を歩いて、駅ビルや駅中にある
ショッピングセンター、もちろん!
街中のショッピングセンターなどなど。。


ちと顔を上げて歩いていると目にする看板やら広告が
「手もみ」
「ボディケア」
「整体・矯正」
「足ツボ」。。


これらの文字を必ず見かける。
なんでも最近は、飛行場の待合場!
こんな場所にも、マッサージ店が続々と出店中、
そんな事がネットニュースに書かれていた。


私も一回くらいは、マッサージ受けてみよーかな!
そんなことを何度も思ってはいるんだけどね、
でも、実際に使ってみたことはない私でありやした。。
だけど最近になりマッサージ店での事故が増えてる!?


ニュースによれば国民生活センターの集計では、
マッサージ、整体、接骨院や整骨院での施術、
それにカイロプラクティック、指圧などによる痛みや
ケガなどの健康被害を起こしたという訴えの数!?


それはなんと、この9年間では、約2倍に増えたというよ!
2倍というのは、本当に多いよね。。
マッサージ店を利用し、実際に事故に合ってしまった方の
インタビュー記事も載っていた。


「健康ランドでマッサージを受けたところ、
脚や腰に痛みが出て歩行困難になった。
翌日整形外科を受診したところ、脊椎管狭窄症があって、
マッサージで強く押したため痛みが
出たのだろうとの診断だった」(60代男性)


「ハワイアンオイルマッサージで背中をぐりぐりと痛いぐらい
マッサージされ、数日後首や頭の周りが痛くなったので
病院に行ったところ、頸椎捻挫と診断された」(50代女性)


「体のゆがみを直すとの広告を見て整体サービスを受けたが、
逆に腰が痛くなり、病院に通っている」(30代女性)


私が興味を持ったのは、事故を起こしてしまった部位!
どのくらいの部位が、どのくらいの割合でマッサージを
受けて、事故に合っていたのかを現した数字の
パーセンテージになります。。


マッサージやケガ、痛みの起こった部位の数字は、
以下の通り。。
腰(21.7%)
首(17.8%)
胸・背中(16.5%)


被害者の年代は、これがまた最悪で現役世代だけで
半数以上を占めていた!
30代(22.2%)
40代(22.3%)
50代(18.2%)


ホント!このマッサージって仕事は難しいと思う。
整体師さんで、ちゃんと資格を持っている人でも、
マッサージを受けて、余計に症状が悪化した!
この手の話は、よく耳にする事でありますね。。


そうそう!忘れていたんだけど、私が以前、
腰を痛めてしまった事があって、その時には
知人から整体師さんを紹介してもらって、
少しの間だったけど、通ってた時期があった。。


でも、その整体師さんは、けっこう色んな方面で
評判の整体師さんで、身体にほぼ触らない!
身体に触れないで、施術をする方法で有名な
その道の先生だったんだよね・・・。


だから、今回ニュースで見かけたような、
いわゆる、揉みすぎで事故になる!
そんなことにはならなかったんだよね。
でも、まだまだ、この手の方法は希少なのかな。


街中やショッピングセンターの中に出店中の
マッサージ店の施術員さんの中には、
なんでも数日間の研修しか受けていないのに、
もう実践者として、お客さんを相手にしちゃう。。


これは本当に店側の勝手な儲けの論理であって、
実際問題として、なおしたくてマッサージ店に
行ったのにさ・・・。
逆に悪くなって、お店から出てくる。。


これじゃぁ。。客側の私たちにしたらさ・・・。
お金払って時間も使って、さらに症状が悪くなる。。
これじゃぁホント!踏んだり蹴ったりだよね。
この辺はもう、私たちの方でちゃんと防御線をはる!


そーいうことでしか、対処方法はないのかもしれない。
結局、悪くなってからじゃぁさ。
人によっては、手遅れになる可能性もあるからね、
なんといっても身体のことだからね。

関連記事

Return to page top