ホーム » AKB48グループ・噂・新曲・画像など » 2014AKB48大組閣祭の感想その1|佐藤すみれの立位置
« スポンサードリンク »

2014AKB48大組閣祭の感想その1|佐藤すみれの立位置

最近は、テレビ番組を観なくなった代わりに、
ユーチューブや動画サイトを観る事が
本当に多くなった、今日のこの頃です。。
で、最近は、いわゆるAKB系の動画!!


この手の動画を、ラジオ代わりに聞き流す、
そんな感じの日常がホント!増えてきた。
つい最近まで、記事タイトルに上げた
この「組閣」という言葉も知らなかった。。


もちろん!政治系の小難しい番組やら
新聞やニュースとかでは、それなりに
見かける言葉、フレーズではあるんだけど、
「大組閣」って、何だろう・・・?


それが、正直な最初の感想だったんだよね。
で、次に、実際に大組閣の内容を観てみると、
これが、思っていたよりも、かなりおもしろかった!
おもしろいというのは、つい何回も見ちゃう^^


何回も見ちゃう、気になる場面を何度も再生してみちゃう!
そーいう、不思議な魅力がありました。。
これは、AKBグループを、元々好きな人達は、
みんな理解できる感想だと思うんだよね。


で、早速、本題に入るんだけど、2014年「大組閣」の主役。
主役メンバーは?自分から見ると、普段から目立っている、
いわゆる主要メンバーの人達じゃなくてさ・・・。
普段から、あんまりパッとしていない。


目立っていないメンバーの人達で、それで、グループを
移動させられたメンバー!この人達につきますね。。
チーム間の中での移動であれば、移動メンバーも
それほど、ショックな事はなかったと思います。


でも、AKB48に何年もいて、そして、いまひとつパッとしない!?
その枠に入っている女の子が、SKEに移動になる、
あるいは、NMBに行ったりと、その辺のところに
ものすごい、ドラマ性を感じたんだよね。。


元々、地方グループにいるメンバーでも、目立っていたメン、
これは、地方グループから本店のAKB48に移動しても
もちろん、本人やグループの仲間たちは、ショック!!
その気持ちは、とてもよくわかる。


だけど、今のAKBグループは、もはやアイドルというカテゴリー、
一応、CDを楽天ブックスやアマゾンなどで買う時には、
アイドルというカテゴリーに属してはいるんだけど、
ファンかすると、今の時代のアイドルは・・・!?


それこそ昔から言われているアイドルではなくて、
お笑いコンビや漫才コンビでも、人気がでれば、
それは、アイドルになっちゃうんだよね。。
そんなお笑いコンビやタレントは、今沢山いるよね^^


なので昨年の選抜総選挙で、渡辺まゆちゃんが1位になった!
これは、本当に凄い事だと思うんだよね・・・。
でも、やっぱり、さっしーも、ちゃんと2位に入ってたので、
お笑いタレントも昔から言われているアイドルもさ。


別に、そのカテゴリーわけがなくなってしまった時代の
象徴であって、AKBや他のアイドルグループさん達の
ライブMCとかで、よく聞かれるフレーズのなかに
次のようなフレーズがあります。それは・・・?


「私たちアイドルなんだから、そんな事言っちゃダメですよぉ・・・」
私たちアイドルなんだからの、その「アイドル」という言葉の意味。
これが、今は完全に壊れちゃってる。
もう、以前から言われていたアイドルの意味合いとは違うわけでさ。


ファンの側から見ていると、癒し的存在でありさえすれば、
それは、アイドル歌手も、新日本プロレスのレスラーも
見てる側の感情からすれば、一緒なんだよね。。
今の時代、人が求めてる価値観が本当に多様になってます。


電気屋さんで、新しい家電製品を見て、買って下さる人の事を
これは、お客様と表現されているわけで、秋葉原のAKB劇場で
色々と乗せられて買ってしまっている人の事は・・・?
ファンの皆様と呼ばれているんだよね^^


昨年の大組閣で、AKB48からSKE48に移籍になった佐藤すみれさん!
彼女が大組閣で流した涙と、舞台上で倒れこんでしまったシーン、
大組閣の中の最初のクライマックスシーンだっと思うんだけど、
佐藤すみれさん的立ち位置のメンバー。。


これは彼女意外にも何人もいるんだけども、やっぱ見てて、
とっても胸打つものがあるよね・・・。
これは、一般の世界でも、こーいう立ち位置の彼氏や彼女って、
実は、本当に沢山いるんだよね。


佐藤すみれさんが、大組閣のインタビューの最後のほうで、
こんな事を言っていました。


「このまま、AKBに残っても、後ろになる事は目に見えてるし・・・。
あっちに行って、前の方をやらせてもらえるのなら、
向こうにいってもいいのかなぁ。。」


また秋元康さんは、常々、ラジオ番組や雑誌の取材のなかで、
次のような言葉を残されています。


「誰が人気が出るのかは、私にはわからない。
だから、ポップコーンだと思うんですよ。
ポップコーンを焼いている中で、思わぬところからポーンっと!
上に飛び出してくる事がある。


この事につきると思います。
だから、どの子が売れるのか?
それは、本当にわかりません・・・。
これは、私にとって、1番苦手な事です」


佐藤すみれさん的な立ち位置の女の子がAKBの中で売れる、
すみれさん的な性格の女の子が、人目に触れるようになる。
※ちなみに佐藤すみれさんは、見た目も、お話をしている感じも
とても控え目な感じの女の子でありやした。。


それには、どーすればいいのかな・・・?
そもそも、AKBにいる必要があるのかなぁ!?
大組閣の映像を観ながら、そんな事を思ってしまいました。
その答えは、案外、身近な所にあるのかもしれないね。。

関連記事

Return to page top