ホーム » 美容・コスメ・化粧品の話題・商品の感想 » 夏の紫外線対策と原因|効果的なスキンケア方法
« スポンサードリンク »

夏の紫外線対策と原因|効果的なスキンケア方法

日差し木.jpg

写真;夏の日差しには、ホント!!みどりが良く似合っているよねぇ~。。

この夏の時期も気付いて見れば、7月もアッという間に終わり、
そして、8月も始まったかと思えば、これまた終わり。。
今年も気付いてみれば、もーう!9月になりますね^^


この時期は、何といっても私の頭をさまよい、必ず横切る思い・・・。
それは、やっぱ!この時期の太陽の光。。
そーです!!「強い日差し」になります。


なんか先日のニュースで、黒い日焼けをしてイケてる男子達の間では
定番のコースになっている日焼けサロンの事が話題になっていました。
人工的な紫外線も癌に発病してしまう可能性が増してしまうそうなんですよ!?

黄色花.jpg

写真;思わず眼をとめてしまいました^^


今回、取り上げたいテーマは夏の時期にはつきものの
紫外線の影響
についてなんです。


最近では、お肌の問題は女性だけの
問題ではなくて男子諸君の間でも、
大きな話題のひとつになって来てますよね・・・。
それは、個人的にはとてもいい事だと思うんだよね!!


綺麗に年齢を重ねるというのは、とっても
大切な事だと思うし、歳を重ねても
キレイでいられるというのは、沢山の要素が
かみ合わないと生まれないものなんだよね^^


そんな訳で今回のテーマは、夏の紫外線対策と
いうのか、紫外線の影響について、
少しだけ豆知識を公開しちゃいますね。


紫外線のトラブルの代表的なところが
お肌と紫外線の関係かと思います。


お肌にとりましては大敵のシミやくすみ、
ハリのなさを生んでしまう有害物質が
紫外線の中には沢山入っているのです。


夏だけでなくお顔の真ん中あたりのTゾーンは
皮脂の分泌が多くテカリが気になる部分になりますね。
皮脂成分はお顔のテカリだけでなく、
過酸化脂質という有害な物質に変わることがあるのです。


私たちの身体はたくさんの細胞から
成り立っていますが、その細胞は脂質と
呼ばれる細胞膜によって包まれていて、
この脂質を作っているのが脂肪酸というものなんです。


脂肪酸は通常ですと不飽和脂肪酸の状態ですが、
酸素や活性酸素、紫外線など、なんらかの原因で
過度に酸化され過酸化脂質になります。


天ぷら油を何回も何回も使っていると無色だった
油が茶褐色になり、その油であげたものを
食べると気持ちが悪くなったりする事がありますね。


これは、空気中の酸素によって油が酸化され、
天ぷら油の中に過酸化脂質ができるために
起こる現象なんですよ^^;


過酸化脂質は脂質が過度に酸化されできた物質で、
お肌にも体にも有害なものなんですねぇ~。


ソーダ水2.jpg

写真;夏の時期には、結構ヘビーローテーションに飲んでる炭酸水^^;


お肌の影響としては、過酸化脂質は色素沈着を
起こし、シミをつくる原因になります。
過酸化脂質が増えれば増えるほど肌はくすみ、
ハリがなくなり老化していってしまう訳です。


そして、過酸化脂質には真皮にある弾力繊維を
破壊する力があるといわれていて、
シワの原因にもなりますよ。


過酸化脂質を作る要因としては、オイルの含まれる
化粧品やお肌の新陳代謝の衰えなどがあります。


さらに、皮膚の場合は紫外線によっても酸化が
加速され、体内と体外の両方から影響を
受け易くしてしまう事になりますね。


美しい肌を保つために、紫外線からお肌を守り、
余計な油分を与えず、お肌の新陳代謝を活性化して
過酸化脂質をつくらないようにしていくことが
とても大切なことなんです^^;


メイクなど化粧品にふくまれるオイルや皮脂は
約5~6時間ほどで過酸化脂質になると
いわれているので、必要でなくなったメイクは
すぐに洗顔をして、過酸化脂質を取り除くことが大切!!


昔から紫外線の影響は延々、言われてましたけど
色々調べてみるとホント!!怖いですよね。


この時期、いくら疲れているからと言って
メイクをしたまま寝てしまうとか、
シャワーも浴びずにお休みしてしまうなんて
絶対にダメ!!


外出先から帰宅の際は、も~うひと踏ん張りして
冷房の利いたお部屋に入る前にお風呂に入って
カラダの汗分をしっかり、流しましょ~うね^^;
これは、男性諸君もまったく同じ。


ある程度の年齢になってきた時に、何ともいえない
“加齢臭”が発散されないように、
今から、今日からの『スキンケア』が
本当に大切ですよ^^


関連記事

Return to page top