ホーム » スポンサー広告ダイエット・健康の話題・流行商品の感想 » 【睡眠時間】短くても長くても、脳に悪影響があるって本当!?
« スポンサードリンク »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

【睡眠時間】短くても長くても、脳に悪影響があるって本当!?

最近は、ストレスの影響か?それとも単純に身体の中の
どこかのプログラムが、ビミョーに崩れかけて来ていて、
それで、自分自身で思っている以上に、なんだか。。
どーも・・・。


記憶力が落ちて来ているなぁ~!!
そんな風に感じて来ている今日この頃でありやす(涙。。)
何か、どーも、以前のように、言葉にドモルことなく、
スッキリとした感じでプレゼンが出来ないかも。。


そんな風に感じ始めていたのが、今からだいたい3年くらい前。
過労とストレスも重なり、仕事中におう吐を繰り返して
その場で、ずーーっと、動けなくなってしまった私・・・。
そんな症状を感じる前から、身体が重たいとか、気分がスグレナイ。。


そーいう感じが暫くの間、ずーっと続いていた私でありやす。
基本的に夜型生活が続いてたので、それこそ普通に考えても
身体のメンテにとって、良くない事は、承知の事実ではあったんだけどね!
でも、まだまだ若いし、体力気力も充実してます^^


当時は、そんな風に考えては、自分を慰めていたのかも知れません。
でもって、一般的に推奨されている睡眠時間なんだけど・・・。
だいたい約、7~8時間くらいが、健康維持に必要な睡眠時間と言われてますね。。
でも、実際、私のまわりに毎日、このくらい寝てる人は、本当に少ない。


基本的に、年代問わず、みんな!眠いよね~。。
コレ、結構、口ぐせになっている人って、多いと思うんだよね・・・。
でも、逆に、ちゃんと睡眠時間を取れている人。。
毎日、8時間以上の睡眠を、とっている人って、どーなんだろうか!?


最近の研究によると、どーーやら。。
睡眠時間が長すぎることも、記憶力や思考力の低下と密な関係が
ある事がわかってきたようです。


ハーバード大学では、女性看護師を対象とした大規模な疫学調査を長年続け、
15000人を超える、70歳以上の女性看護師を対象に、睡眠習慣を尋ねた1986年と
2000年のアンケート内容が学術誌の「The Journal of the American Geriatrics Society」に
掲載されていました。。


その結果がとっても興味深いものだったので、ここで紹介しておきたいと思います^^
睡眠時間が非常に短い(1日5時間以下)被験者と、非常に長い(1日9時間以上)被験者の
いずれもが、1日の睡眠時間が7~8時間の被験者に比べて、記憶力と思考力の成績が
有意に劣るという結果が出でているそうですよ・・・。


こーした、最近の研究機関の結果を見ていて感じる事は・・・?
やはり、適度に運動をして、バランスよく食べて、そしてよく寝る。。
なんだか、昔から、色んなところで言われている格言めいた事の1つではあると思うんだけどね!
結局、要は、睡眠でも食事でも、運動でも仕事でも、何事も質が大事^^


もーう、この事に尽きるような気がしてきましたよ。。
私の場合は、いつもより遅く寝ようが早く寝ようが、夜中にトイレに起きるのが日常になってますww
なので、眠りの質から言えば、とっても悪いし、多分・・・!?
一日、10時間程度、睡眠をとったとしても、カラダ的に楽にはならないだわなぁ~(涙)


どーも、ここへ来て、記憶力が、以前に比べて、急速に落ちてるよなぁーー!!
そんな風に感じていた、今日この頃なんだけどね。。
この睡眠時間の質の悪さが、どーやら関係して来ているんじゃないのか?
そのような答えが見えて来ましたよ。


特に人の生活にとって、質の良い睡眠は、これからの時代、かなりのポイントを占めそうだ。
なので、睡眠の質の改善方法を、マジで調べてみようと思ってます。
私は、普段、だいたい2時間おきに起きてるような感じがしてます・・・。
これじゃ~、健康にも美容にも、脳にだった良くないわけだよね!!

関連記事
タグ / 睡眠

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。