ホーム » あいうえお行 » 忌野清志郎の名言|お前ら!サボってんじゃねーぞww
« スポンサードリンク »

忌野清志郎の名言|お前ら!サボってんじゃねーぞww

kiyoshiro1.jpg

先日、なぜなのか・・・!?
自分でもよくわからなかったんだけど、
ふと、ユーチューブ動画をいつものように
何かないかなぁ~?


そんな感じで物色していた時に、今では、
伝説的なロックシンガーとしてまつられている?
そんな貫禄もある、KingofRockこと、
忌野清志郎さんの動画を引いてしまいました。。


そのあと、彼の音楽ビデオ動画やラジオの音声や
彼が亡くなった後の追悼番組なんかを見ているうちに、
どーにもこーにも彼の事が愛おしく感じてしまいました。
いつも使ってるIpodの中は、あっという間に彼で一杯となり。


その後、仕事が終わり家に帰ってからも、先ずは・・・?
彼の音楽を聴いてからじゃないと、何とも他の事が、
手に付かない状態になっていました(苦笑)
これまた今は亡き、筑紫哲也さんとの対談音声なんてさ。


ほんと!そんな話している中身自体は、とてもシンプルで
短いものだったんだけど、これがまた泣ける・・・。
何ていうか、忌野清志郎さんの心の芯にあるものが、
そのままなーーんも、着飾らずに出ていて、本当に泣けた。


で、彼への妄想が膨らむ中で、どんどん彼の音楽や動画を観て行くと、
最初、自分自身の記憶の中では、彼が亡くなったのって、
今から、2~3年前くらいに思っていたんだけど、
Wikipediaで調べてみたら、2009年に亡くなっていたんだよね。。


なので、今年の5月で亡くなってから丸5年も経っていたんだよね。
時間の流れの早さににも、改めて驚かされてしまったんだけど、
それとは逆に時の重さみたいなものに、なんだか、気持ちの底の方から
ジーンと、湧いてくるものを感じてしまったんだよね・・・。


爆笑問題が仕切っているラジオ番組の音源を聴いてたら、
番組の最後の方で、司会の太田光さんが、こんな事を言っていました。
まさか!誰も、こんなに早く、忌野清志郎が、58歳で逝ってしまうなんて!!
なんで、こんなに早く逝ってしまったの・・・!?


今思えば、それ自体が彼からのメッセージなんじゃないかと思えてしまう。
お前ら!!もっと急げーー!さぼってんじゃねぇーぞって。
この先、何が起きるか分らないんだから、もっと急げよぉ~!!
そんなメッセージに思えて来てしまう。


まぁ~、こんな事をしゃべっていたんだけどね。
コレって、多分と言うか、おそらく・・・。
当たっていると思います。
だって、それが彼の生き方そのものに映し出されていると思うから。。


主な事件
1982年6月14日、生放送番組「夜のヒットスタジオ」(第709回)に
RCサクセションとして出演した際、曲の最中暴れまわったり、
司会者とのトーク時より噛み続けていたガムをテレビカメラに向かって
吐きかけるなどの悪ふざけをし、さらにそのことで視聴者へ謝罪する
司会者の後ろで舌を出したり顔をしかめるなどしたことから、
テレビ局に抗議の電話が殺到。


その数は500件近くに上ると言われている。
1988年、東芝EMI から発売予定だったRCのアルバム『COVERS』が、
原発問題を取り扱った歌詞などがネックとなり、急遽発売中止に。
後にレコード会社を変えて、ようやく発売される(詳細は『COVERS』の頁を参照のこと)。


1999年、パンク・ロック風にアレンジした「君が代」を収録したアルバム
『冬の十字架』がポリドールから発売される予定だったが、
同年8月に国会で成立した国旗・国歌法を巡る議論に巻き込まれることを
危惧した同社が発売を拒否。


結局、販売をUKプロジェクトにしインディーズのSWIM RECORDSレーベルから発売される。
2000年、SWIM RECORDSレーベルから発売予定だったラフィータフィー名義の『夏の十字架』は、
インディーズ商人の実態を揶揄した「ライブ・ハウス」という曲中で暗に批判されたライブハウス
下北沢QUEのオーナーが激怒、同店と系列関係にあるUKプロジェクトの逆鱗に触れ
インディーズからも販売中止という前代未聞の事態となる。


奇しくも、同曲が批判するインディーズ業界の問題点が実証された形となる。
同アルバムは、最終的にSWIM RECORDSから発売・販売される。
2002年6月1日、FM802開局13年記念イベント「JAPANESOUL」に三宅伸治と共に、
それぞれ長間敏(おさまびん)、神田春(かんだはる)と名乗ったデュオ
「アルカイダーズ」として出演。


米国9.11テロに関連した曲を演奏したが、放送ではカットされた。
2003年4月22日、日本武道館で開催された「アースデイ・コンサート」
(TOKYO FMなどJFN加盟する全国のFM各局に生放送)に出演した際、
当初予定になかった「君が代」や「あこがれの北朝鮮」の替え歌
(発売当時の金賢姫をキム・ヘギョンに変更するなどした)などを歌い、
会場を騒然とさせた。


混乱が心配されたが、直後に出演した佐野元春による
「自由に歌える国に生まれてよかった」という発言や、佐野やバンドの冷静な演奏に、
イベントは救われる。


なお演奏された曲の一部は、イベント開催の趣旨説明などに差し替えられ、
その部分が放送されなかった。
ちなみに忌野はその後、アースデイコンサートに呼ばれてはいないが、
佐野は翌年も参加している。

Wikipediaより^^

関連記事

Return to page top