ホーム » ジャニーズ・噂の真相・DVD・画像 » キムタクが悔し涙を流した【安堂ロイド】低視聴率を生んだ3つの理由
« スポンサードリンク »

キムタクが悔し涙を流した【安堂ロイド】低視聴率を生んだ3つの理由

672x378x3fd3a1905c2e2dad8c6a572e.jpg

工藤静香が絶句して泣いた【キムタク】愛犬ひき逃げ事件の真相

今年の後半、良くも悪くも話題を集めていたテレビドラマ!
それは、やっぱ、SMAP木村拓哉さん主演の日曜劇場、
「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」。


で、私の場合は、数回・・・。
オンタイムでちゃんと観たかなぁーー。
そんな記憶が残っています。


昔に比べて、キムタクにカリスマ性がなくなって来たとはいえ、
でも、他のジャニタレと比べて、やっぱし!キムタクさんは、
特別感というのか!?


彼がドラマに出るとか・・・。
会見を開きましたとか、或いは?単独会見とか。
やはり、それなりに気になるものですね。

672x378x71f5a57c9da0d9fb35ac2748.jpg

【安堂ロイド】視聴率1ケタ台の悪夢|キムタクが泣いているw

でも、木村拓哉さんの場合が一番輝いていた頃のカリスマ性、
それを、鮮烈に放っていたのが、あの!俺、結婚します宣言、
あの時の輝き方は、今のバリバリアイドルくん達と比べても・・・。


まったくもって、比較にならないほどに、一言で言っちゃうと、
それは、それは、ガチ!カッコ良かった。
同時のキムタクは、それまでのアイドルという概念をぶっ壊しちゃった^^


それが、彼を抱かれたい男No.1として、10年以上も君臨させ、
ジーニストとしても、殿堂入りさせてしまうなど、各カテゴリベースで、
彼を神的な存在に祭り上げてしまったのだと思う。


そんな木村拓哉さんが、40歳を迎え、そして壮大なラブロマンス!?
個人的には、そーいうイメージで観ていたドラマ「安堂ロイド」、
個人的に気になったのは、最終回の視聴率でした。

546x512x7889889892e0495b39adf8e7.jpg

【安堂ロイド】大島優子役はやはり能年玲奈だった!辞退した本当の理由

ビデオリサーチの調べによると、最終回の視聴率は・・・!?
平均視聴率が12.6%という結果でありました。
この数字を、最初に聞いた時、初めに思った事、それは?


木村拓哉さん、最終回の視聴率、どんな気持ちで聞いたのかな?
その事が、まず、真っ先に頭の中を過ぎりました。
だって、過去視聴率男と言われ、カリスマの塊と言われてた彼・・・。


その彼の落日の日々。
その現実を、彼自身は?どーいう気持ちで受け入れようとしたのか?
まぁ、彼からしたら、余計なお世話だよ。


そーいう気持ちが一番なんだろうけど、これが現実で今回の視聴率結果が、
現在の木村拓哉さんのテレビ業界における実力であり、巷で言われてるように、
もし出演ドラマが「安堂ロイド」じゃなかったのなら?

672x378x5e143216b045f11e91dd45b7.jpg

【安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~】キムタクの劣化が止まらない

ドラマ「安堂ロイド」コレは、ドラマの開始回から、かなり無理があった。
その無理の1つに、日曜劇場枠であったという事が、今回の結果を
加速させてしまう、大きな原因の1つになってしまったと思います。


それは、併せて、前のクルー回では、今年のモンスタードラマとなってしまった
あの「半沢直樹」が放送された、すぐの後枠だったいう不運も重なってしまい、
この「安堂ロイド」を、より滑稽に映してしまう大きな要因になってしまいました。


そして、もう1つの不運は?
ドラマの脚本・・・。
コレは、かなり大きかったよね(涙)


40歳を迎えた木村拓哉さんが引き受けたドラマ「安堂ロイド」、
いまさらではあるのですが、ドラマストーリーを
いま一度、振り返ってみよう^^

538x493xe2dfb26a62f0a9e3543035ac.jpg

SMAPの新曲【Joy!!】AKB商法をパクった理由

ドラマは、現在と100年後の2113年が、「タイムケーブル」を通して
リンクできるようになってしまった世界を舞台にした、
時空を超えたラブストーリー。


人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明さんと鶴巻和哉さんが
設定協力で参加し、脚本は「SPEC」の西荻弓絵さんが担当。


木村拓哉さんが変わり者の天才物理学者と謎のアンドロイドの2役を、
その婚約者を「GOOD LUCK!!」以来約10年ぶりの共演となる
柴咲コウさんが演じていました。


ドラマの最終回では、木村拓哉さん演じている沫嶋黎士の妹、大島優子さん演じる
七瀬の凶悪な別人格「沫嶋黎子」が生み出したとされる最強のアンドロイド
桐谷美令玲さん演じる「ARXIX-THE LAST QUEEN(LQ)」が・・・。

131013-2153550930.jpg

木村拓哉【プライド】撮影中に起きた事故の真相

柴咲コウさん演じていた、安堂麻陽の味方である七瀬、葦母(遠藤憲一さん)、
星(桐谷健太さん)らを立て続けに襲撃して行く。
そしてロイドは、LQに戦いを挑んで行くが、その結末は?という展開。


個人的には、「安堂ロイド」の最終回ストーリー!!
なんか、ちょっとだけ、ウルッと来た・・・。
そう、少しだけ泣けてしまった。


なんだか、漫画「ワンピース」の感動シーンにも、ちょっとだけ
相通じるものがあるかも!?
そんな感想を持ちました。


偶然的な不運も重なり、過去視聴率男として、このテレビドラマ界を
自由自在に駆け巡り、走り回って来た木村拓哉さんの次なるドラマ、
なんかぁなぁーー。今から想像するだけでも、ちと怖い・・・。

関連記事

Return to page top