ホーム » 野球・速報・日本人メジャーリーガー成績 » 【イチロー】メジャー通算安打記録更新まで引退しない真相
« スポンサードリンク »

【イチロー】メジャー通算安打記録更新まで引退しない真相

イチローヤンキースへ

先日、NHKで放送されたメジャーリーガー、
イチロー選手のドキュメント番組。
最近は、テレビを観ていて涙ぐむ・・・。
そーいうのって、ほぼなかったんだけどね。


今回のイチロースペシャルでは、思わずというか?
彼の、到底信じられない野球に対する情熱、
自分自身の仕事に対する真摯な態度を見て
本当にポロポロと涙が出て来てしまった。


先だっても、イチロー選手について、
こんなニュースが報道されていました。
そ・・・ぉう、イチロー選手の
自主トレに関するニュースである。


何でも、イチロー選手の自主トレ風景を
見た人の話によれば、現在巷で噂に上がっている
トレード報道の影響など、まったくもって感じられない!
とんでもな気迫でと表情で打撃練習をしていたそうです。


イチロー選手は、昨年ヤンキースへのトレードを志願して
ピンストライプのユニホームを着た訳だけど、
本人いわく、ヤンキースのユニフォームについて、
崇高なイメージがあると話していましたね・・・。


崇高なイメージ
イチロー選手の話し方は、知ってる人たちの間では、
もーお、有名な事ではあるんだけど、彼の語りグセ!?
話し方の特徴というのかな?


それは、それは凡人では、マッハの速さでもって!
置き去りにされてしまうほど、ちょっと理解不能的な、
理解不能というよりも、イチロー選手独特の言葉センス、
どんな現わし方が適切か、どーなのか解らないけれども・・・。


彼の考え方や、世界観とも呼ぶべき思考力を表現する時、
一般人は、みな。イチロー選手の事を、野球人というよりも
おそらく、哲学者のような印象で
彼を見てしまうのではないでしょうか?


ニューヨークヤンキースでプレーした1年半は・・・?
イチロー選手にとって、どんな1年半という時間だったのでしょうか。
今年の成績は、150試合に出場、打率2割6分2厘。
ホームラン7、打点が35点。


このオフシーズン、ニューヨークヤンキースは、
その巨大な資金力を大いに振りかざして、
絶対的なライバルチームであったレッドソックスから、
エルズベリーを獲得してしまう。


そして、わりと日本でも人気の高いチームとして知られている
カージナルスからは、ベルトラン選手を補強した。
このふたつの補強により巷では、イチロー選手のレギュラーとしての
出場枠は、完全に消滅してしまったとまで言われていますね・・・。


でも、そんな暗くドよーんとした雲行きの中にあっても、
当のイチロー選手は、気力が落ちるどころか!?
ますます、自分自身を追い込んでいるという・・・。
イチロー選手をよく知る関係者は、次のように語る。


気力が衰えるどころか、自分の実力はこんなものじゃない、
まだまだ能力を発揮できると、これまで以上に
ファイトを燃やしています。


1年でも長く、極端に言えば50歳まで現役を続け、
本気でピートローズの最多安打記録に挑戦するつもりですよ。
そのためなら、たとえ地方の田舎球団に行っても
構わないと考えています。


今では、伝説になりつつあるメジャーリーグの安打製造機こと
ピートローズ選手のメジャーにおける最多安打記録は?4256本。
イチロー選手は今、メジャーリーグの記録だけだと2742本なので
今シーズン終了時点で、その差は?1514本・・・。


そーなると単純計算してみても、イチロー選手が仮に
彼の最大の目標値である50歳まで、現役プレーヤーとして
活躍したとしても、これからの10シーズン・・・。
毎シーズン、150本以上打たなきゃ超す事ができない数字である。


来シーズン以降、イチロー選手を待ち構えている現実という近世界、
イチロー選手は、どんなパフォーマンスを魅せてくれるのか?
実際、彼本人には、プレッシャーから逃れたい!
いっそのこと全て投げ出して楽になりたいという気持ちはないのだろーか。

 

 
関連記事
タグ / イチロー

Return to page top