ホーム » スポンサー広告ジャニーズ・噂の真相・DVD・画像 » 【安堂ロイド】大島優子役はやはり能年玲奈だった!辞退した本当の理由
« スポンサードリンク »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

【安堂ロイド】大島優子役はやはり能年玲奈だった!辞退した本当の理由

TBS.jpg

良くも悪くも、ネット掲示板の話題を独り占めしている感じのドラマ!
SMAP、木村拓哉さん主演の「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」。
いぜん、次のような噂がネット掲示板を中心に流れていました。


それは、NHKの朝ドラ番組「あまちゃん」のヒロインである能年玲奈さんに
共演オファーを出していたのに、断られていたという例の噂になります。
最初、この噂を聞いた時には、えぇーー!本当なの!?そんな感想を持ちました。


ある局関係者のお話だと、次のような意見が出ていたようです。
高視聴率ドラマと同じ枠は非常に難しい。
それだけに今回は、高視聴率を期待してあまちゃんに出演をオファーしたんだが断られた。


それでもってTBSの局内でも・・・?
やっぱり無理かというムードが漂っていると。
局の関係者の皆さんも初めから今回のキムタクドラマには無理がある事を知っていた。


以前、少しだけ噂になった例の噂なんだけど、TBS側が能年玲奈さんにオファーを出した内容は、
木村拓哉さんの妹役という事だったらしいんだけど、これがもし本当に実現したのなら
『あまちゃん』終了後、初の仕事がキムタクとの共演!!


これは、それなりにインパクトも出たし、大きな話題にはなったと思いますね・・・。
でも、天下の木村拓哉さんとの初共演という大きなオファーであるにも関わらず、
能年玲奈さんサイドは、簡単に断ってしまったという噂は本当だったのでしょうか?


芸能事務所関係者の話によれば・・・?
まあ能年としては、あれだけ評価された『あまちゃん』の次の仕事は慎重になるのも当然。


まして『半沢直樹』の後の枠では、視聴率を20%程度取っても評価されず、
こんな割に合わない仕事はない。
決してキムタクとの共演が嫌だったわけではないでしょうけど・・・。


これが本当かどーかは別として、キムタクドラマの制作サイドとしては、
いずれにしても、かなりのショックだったという噂が未だに流れているのも事実のようです。
関係者の話を更に深めて調べてみると・・・?


結局、妹役はAKBの大島優子に決まりました。
もちろん大島の実績は能年以上だから不満はないけど、『半沢直樹』の直後のドラマと考えると、
やはり能年の方が話題性はあったでしょうね・・・。


昔みたいにキムタクだけで数字が取れる時代はとっくに終わってるから、
Iさんも焦ってるんでしょう。
一昨年、綾瀬と芦田を共演させたように、能年を欲しがったんでしょう。


なので、TBSサイドから吐き出した、例の否定ツイート騒動・・・。
あれは、あれで言わなきゃいけない背景が局側にもちろん!あったんでしょうけども、
要は、キムタク自身に以前のような超が付くほどのカリスマ性が消えてしまった!!


そのことの代償というのか?
もーおお、以前のような感じのまま、キムタクを扱ってはみたものの・・・。
現実的に数字は、取る事はできない。


キムタクのジャーマネさんにしても、局側でキムタクに恩義を感じている
信者とも呼べるべき人たちと、実際に起きてしまっている現実とのギャップ。
当事者である木村拓哉さんは、どんな思いで今回の騒動を受け止めていたのでしょうね。


関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。