ホーム » ダイエット・健康の話題・流行商品の感想 » 痩せたいけど食べてしまう|太る身体の仕組みについて考えてみた
« スポンサードリンク »

痩せたいけど食べてしまう|太る身体の仕組みについて考えてみた

このところ何だか?妙な天候が続いてますね・・・。
私が住んでる東京だと、この数日は?朝と夜は肌寒い感じになってきんだけど、
どーも、日中は?かなり蒸し暑く感じます。


まぁ、台風の影響なんかも原因らしいんだけど、こんな天候が続いてしまうと
ちょっとした、運動や身体を動かさなきゃいけない時なんかは、
何だか、とってもキツイし辛く感じてしまう(汗)


特に朝の通勤なんかは最悪な時間タイムではあるんだけど、これはコレで
しょーがないないのかな?
そんな風にも思っていました。


少し前から生酵素を試すようになってからは、少しづつですが朝の早起きも、
楽に感じるようにはなってきてはいるのですが・・・。
そもそも、いったい!なんで太って身体が重たいとか、感じてしまうのだろう?


なので、自分なりに身体の仕組みについて、太ってしまう事のメカニズムについて
ちょこっとだけ、調べてみましたよ^^
よく巷に昔から見掛ける言葉に「基礎代謝」って言葉があるよね。


健康関係の雑誌や本、それにダイエット系の書籍なんかをのぞいていると、
この「基礎代謝」っていうフレーズが、そこかしこにグワーンと出てきます。
特にスポーツ系の事とかを趣味としてやってない私のような輩さん達。


そんな人達のなかには、かなりの割合で多くいるのが・・・?
特に社会人になって、急に太り始めたよなーー!!
そーいう感想をもってる人の割合って、ものすごいと思うんだよね(涙)


でも、これって!人間の体の仕組みについて、少しでも学んだんだり興味をもって、
本を読んだり、ネットで調べた事がある人なら、みんな知ってる事だと思うのですが
それは、人は誰しも体を動かさなくても呼吸や体温維持などで脂肪を消費する「基礎代謝」!


この「基礎代謝」が、15~17歳を境に年齢を重ねるとともに少なくなるからなんだよね。
特にポイントしては?「基礎代謝」の中でも代謝が一番多いもの、
筋肉量の70%を占める骨格筋というヤツになります。


意外と聞きなれない言葉なんだけど、骨格筋の特徴として一般的には・・・?
成人したばかり男女の場合、体重の約40%を占めています。
だけど、これが誰しも30歳を過ぎて来たとたんに、ガックーんと落ちる(泣)


その後も、加齢と共に、約10年くらいのスパンを基準にして約10%づつくらいの割合で
ガシガシっと、落ちて行ってしまうものなんだよね。
なので、よくスポーツジムに行くと筋肉を増やして「基礎代謝」を上げよーー。


そんなフレーズが、スポーツジム内に闊歩してるということなんだな。
一般的に筋肉の量が増え「基礎代謝」が上がれば、脂肪が燃焼されやすい体になる。
でもですね・・・。筋肉増やすのって、これってシンドイですよね。


結局!今の時代という事もなく、何時ぐらいからだろうか・・・!?
テレビを観てれば必ず出てくる特集といえば、ダイエットに関する事だよね。
あと、特に本やさんやネットのアマゾンや楽天市場の売れ筋ランキング^^


このあたりで、必ずランキングの中にはいって来ているテーマが健康に関する事。
その中でも、ダイエットに関する事って、本当に多いよなーー。
コンビニのある程度、限られたスペースに置かれた雑誌のタイトルを眺めていてもね。


とにかく一番といっていいほど眼につくのが、ダイエットに関しての特集記事。
それだけ、もちろん!需要が多くあるテーマだからこそ、供給も多いという、
そーいう枠組みの流れになってると思うんだけどさ。


だけど、ダイエットを実践した人なら、みんな気づいている事だけど、
このダイエットっていうテーマ!このテーマの中で一番重要視されてしまう事って、
やっぱ!長く続けるという事なんだよな・・・。


この長く続けてかないと、今では数千種類もあると言われているダイエットの方法!?
この方法を信じて、実践してみたところで、なっかなか続かないんだよね(汗)
続かないからこそ、ダイエット経験者のほぼ全員が、リバンドの経験者な訳で(ショック)


だいたい、今流行りの断食ダイエットや酵素ダイエット、それに置き換えダイエットや
運動系ダイエットにしても、最初のうちは?どんな人でもそれなりに頑張るものです。
でも・・・一か月~三か月と時間が流れて行くうちに、正直なところ飽きちゃんだよね(泣)


なのでテレビを始め様々な所で、それなりに著名な先生と呼ばれてる人達が露出しては
あなたには、こんなダイエット方法がいいとか?
これを実践すれば大丈夫だとか?色んな意見を発信されてはいます・・・。


でも、ダイエットをする者にとって、一番の強敵は?
この飽きてしまうという衝動なんだよね・・・。
この感情を自由自在にコントロール出来る方法があれば、これこそがベストなんどけどね^^

関連記事

Return to page top