ホーム » 時事(芸能界・経済・国内・スポーツなど) » 【半沢直樹】ハマる私は病んでるの?
« スポンサードリンク »

【半沢直樹】ハマる私は病んでるの?



今シーズン、話題を独り占めしているドラマと言えば、
誰かれかまわず口にするであろう、そのドラマのタイトルは…?
『半沢直樹』最初、見始めた時には、何だ?コレ。
そんな第一印象だったのですが、とにかく、ドラマの展開がニクい!


出演者、それぞれの演技も、ちと…。オーバーかな?
そーいう印象があったのですが、ここに来て、そのオーバーな演出が、
観ている側の気持ちを、グリグっリと鷲掴みにしている。


『半沢直樹』を観ていると、昔は読みふけっていた!
少年ジャンプ的なタッチを思い出させてくれる。
主人公の半沢直樹は、現実には、有り得ない迫力と
奇跡的な活動能力の持ち主なんだけどもね。


あんなの!正直、あをな態度に言動、
現実問題として、有り得ないじゃん!
最初、ドラマを見始めたばかりの視聴者である
私達全員の心の中に、そんな~!ある訳ないじゃん。


そんな気持ちで観ていた人達、全員というのは、
少し大袈裟かも知れないけど、観てる視聴者のほとんどが
ガシガシと、引き込まれ、ついつい、
半沢直樹って、本当にいるんじゃない?あるいは、いてほしいよね…。


そーいう気持ちで、ドラマを観てる視聴者の数が、
ドラマが進んで行くうちに、グワシ、グワシと増え続けている現実。
半沢直樹って、本当にいるんじゃないの!?
イヤ~ん。半沢直樹に、いてほしい!やっぱ、そーじゃなきゃ。


例えば、ドラマ『半沢直樹』の中の決めセリフ、
やられたらやり返す。倍返しだぁ…。
あの決めセリフにしても、あれ~。
本当の現実でやってしまったら!?それこそ、即刻クビだよね。


それが、TVドラマの世界だからこそ、成立するのであって、
あんなもん!本気でやってしまったら
どんな世界でも生き残れないよね…。
でも、実際に言えたとしたら、どんなにか、気分が晴れるよね!


ストレス社会と呼ばれるようになってから、
ずいぶんと、日が流れたけれど、実社会の中で、
それこそ、お互いがイーブン同士となって、
半沢直樹にみたいに、正々堂々と勝負ができたのなら。


もしかしたら、今みたく、心療内科にかかる社会人の数も
各段に減って行くんじゃないのかなぁ~?
言うべき時には、しっかりと言い切れる!
そんなビジネスシーンが展開されるとしたのなら…。


もっと、もっと社会全体が、イーブンを基に、ダイナミックに動いて行く。
半沢直樹みたいな銀行マンが、いて当たり前の世界…。
そーいう世界が現実の世界として、ギシギシと、うごめく社会。
そーいう社会の方が、どれだけ楽しい世界が広がるのだろう。


ドラマ『半沢直樹』を観ている人なら、誰しもよぎる妄想の世界、
それは、自分自身が半沢直樹のようなキャラになって、いまいる!
自分自身の世界の中で、カッコ良く、決めたいと思う言葉があります。
それは、間違いなく、やられたらやり返す。10倍返しだ!


そんな事を言い切れたとしたのなら、どれだけの人が救われるのだろ~?
またドラマの中で、ポイントごとに使われてる格言の数々…。
観てる側の我々の気持ちを、妙に包んでくれるし、
ホント!気分爽快、バリバリ気持ちがいいよね。


でも、今さらながら、こんなにも、テレビドラマの主人公である
半沢直樹に惹かれている私は、少し冷静になって考えてみると、
脳みその真ん中部分まで、末期的にやられてしまっているのかも…。
ストレス社会の反動なのか!?ゴリゴリと、沈み行く私の運命。


正直、半沢直樹のように、逆転!逆転、大逆転と
あんな風にカリスマ的にモノゴトを、推し進めて行ける!
そんな私になりたいものです。
みんなーー!半沢直樹にあやかろうよ。
関連記事
タグ / 半沢直樹

Return to page top