ホーム » AKB48グループ・噂・新曲・画像など » 第5回選抜総選挙【渡辺美優紀】わるきーの魅力全開スピーチ
« スポンサードリンク »

第5回選抜総選挙【渡辺美優紀】わるきーの魅力全開スピーチ



【送料無料】UP to boy (アップ トゥ ボーイ) 2012年 12月号 [雑誌]
画像写真は・・・?みるきーの特集号でもあります。
渡辺美優紀さんの魅力がわかってる感じで
とても見応えがありました^^


先日、またしても!2年連続30%を超える視聴率を
叩きだして、まだまメディア界の中心でいることを
内外にアピールした、AKBの選抜総選挙!
人気に陰りがなんて噂がいっぺんに吹き飛んだよねー。


指原さんの第一位という、なんだか!シラけた結果!?
ハードコアなAKBファンが望む結果になったという
そんな印象がいなめないよね・・・。
今年の選抜総選挙は、一般的には知られてないかも?


昨年までの、選抜総選挙とは投票枠が変わり・・・。
CDに付いている投票券以外にも、劇場盤CDにも
投票券が付いたので、やっぱ!本当の意味での
アキバくんたちの影響力が大きかったんだよなーー。



あと、今回の選抜総選挙で個人的に注目してたのが
みるきーの愛称で、ちょっとづつ全国になってきた!?
渡辺美優紀さんの存在も気になるところでしたね^^
ネットの世界を中心に彼女のことを「釣り師」・・・。


そんな言い方で、親しまれていた渡辺美優紀さんだけど
個人的には、今年の総選挙では、もーう少し上の順位!
速報結果に限りなく近い結果を獲得するんじゃないのかな?
そんな印象をもっていました。


でも、結果は15位というところで留まったので、
本人的にも、かなり悔しかったんじゃないのかな!?
そんな風に思っています。
あー見えて、彼女はかなりの負けず嫌いでもある。


選抜総選挙で、15位で名前を呼ばれた時の彼女の表情や
全身から出てくる?オーラーのようなものから
彼女の心境を読み説くのなら、ありゃーー!!
本人的にも、相当悔しかったとおもうんだよね・・・。

大人気!AKB48特集

壇上に降りてゆき、ステージ上にてコメントしてる時も
必死になって、悔し涙を抑えようとしてたのが
見ていて、読みとれたように感じました。
おそらく、本人としてもファンのみんなの応援ぶりから!


もしかしたら、ベスト10以内に入れるんじゃないのかな!?
そんな思いが、心中を駆け巡っていたような気がしてます。
彼女の場合は、コアなファンからもメンバーみんなからも
以前から言われてるように、いわゆる計算して振る舞える^^


そこが、1番の魅力のように思われているようですが、
はたして、本当に計算してのかわいこぶりっこなのでしょうか?
私は、彼女のスピーチを聞いてて、改めて思ったのは
渡辺美優紀さんは、とてもクールだということです。


元来ある人懐っこい気質が、アイドルとしての振る舞いに
華を添えていることは、もちろんなのですが、
渡辺美優紀さんの握手会における、ファンとの接し方や
アイドルとしての言葉の選び方や魅せ方は・・・!?


天然ではなく自分がまわりから、どんな風に見られているのかを、
ちゃんと解っている人にしかできない振る舞い方ですね^^
そして、それを自分では意識せず、自然体でやっているという?
そんな風な魅せ方も、彼女の鋭い感性から生まれているのだと思う。


秋元康さんは、アイドルはあまりしゃべらない方がいいと教え、
典型的なアイドルとしての成功を望むのであれば、
アイドルは、お笑いタレントのように、その場を器用に回して魅せる、
そんな武器は、持たなくいいとう教えを忠実に実践している。


だからこそ、先日の選抜総選挙での彼女のスピーチは?
アイドルとして王道を歩く者として、ファンの求めている
みるきー像とわるきー像、ふたつの顔を使い分けていました。
あの若さで、ちゃんと自分の今と未来が見えている思考・・・。


末恐ろしいい・・・。
逸材とも言えるのではないでしょうか?
応援して下さったみなさん、本当にありがとうございます。
念願の選抜入りに、いつも応援してくださる、みなさんが大好きです。


みなさんに頂いた第15位という順位を自信と誇りに、
もっともっと上を目指して行きます。
これからNMB48、AKB48グループを
引っ張って行きたいと思います。


選抜総選挙でのスピーチの場面、ひと通り、みるきーの顔として、
悔しさを抑え込みながらスピーチした彼女は、
最後の最後で、徳光和夫さんからの呼び掛けに対し、
ひと呼吸、終えたあとに・・・。


渡辺美優紀さんの個性のひとつでもある!?
あの舌足らずな口調を武器に、7万人のファンに応えていた。
みんな!!だいすきーーっww
(完璧な切り返しに脱帽)。

関連記事

Return to page top