ホーム » ももいろクローバーZ・噂・DVDの感想 » 感動的な過去の選抜総選挙|すべて台無しにしたヤツらの正体③
« スポンサードリンク »

感動的な過去の選抜総選挙|すべて台無しにしたヤツらの正体③




画像写真は?アイドルが嫌いで、アイドルを演じること自体に、
日々、自問自答を繰り返していた頃の早見あかりさん。
悲しげでせつなき表情が、どーにもこーにも、
何か手を貸して上げたくなる。


私の中のアイドル指数、高得点を叩き出してた
当時の早見あかりさん…。
アイドルって…?やっぱり!可憐で、どことなく、
弱々しくせつなき表層体であるべし!


そんなことをアイドルの基準値として、
勝手に考えていた私にとりまして…。
第5回AKB選抜総選挙の感想は、さっしー推しの強烈なる
ヲタ君たちの予想通りというべきか?


想像以上の組織票によるチカラをもって、
なんと!15万票を超える票数を獲得。
個人的にいつも気にしてるのは、順位もさることながら、
この票数が、どのくらい集まったのか…!?


そこに注目しているのですが、今回さっしーが獲得した票数は、
過去に前田のあっちゃんが叩き出した最高票数である
13万8千票という最高票数を、大きく上回る
結果となってしまいました。


日産スタジアムの来賓席にて、一人ぽつんと
観覧していた前田敦子さん。
選抜総選挙終了後、後ろ髪を引かれるような眼差しで来賓席から、
さっしーの第一位コメントを見てた彼女の心中に去来したもの…!?


それはおそらく、驚きよりも、虚しさに近い感情だったのかも
知れません。
というのも、あっちゃんと優子ちゃん二人の対決模様…。


それは今では日本昔話に出てきそうな印象もある
アントニオ猪木さんといまは亡き、ジャイアント馬場さんにおける
二人の因縁めいた確執。
二人の推しメンたちによる異常なまでの応援合戦…。


ファンの気持ちを感じとれば感じとれるほどに、
優子ちゃんもあっちゃんも、緊張感が高まり、
どーしようもないほどの孤立感に
追いやられたのでありました。


だからこそ、観ている側の私たちも、懐かしさにも似た
感動が蘇って来るわけだし、選抜総選挙の
スピーチシーンは、何回見ても、
単純に泣けて来るし感動します。


第5回AKB選抜総選挙を観終えたばかりのあっちゃんの
心境を思うと、わたしがあんなに緊張して、
ポロポロになるまで燃えつきた選抜総選挙…。


それはまるで、アニメ漫画「明日のジョー」の主人公、
矢吹丈とかぶるように見えた前田敦子さんの背中や震える唇。
あれは、いったいなんだったのだろ~か…?
そんな感情をおもいめぐらせているに違いないと思うのです。


関連記事

Return to page top