ホーム » AKB48グループ・噂・新曲・画像など » 感動的な過去の選抜総選挙|すべて台無しにしたヤツらの正体②
« スポンサードリンク »

感動的な過去の選抜総選挙|すべて台無しにしたヤツらの正体②



感動的な過去の選抜総選挙|すべて台無しにしたヤツらの正体①

この度、開かれた第5回AKB選抜総選挙!
私の中で、想い描かれていた
過去の感動的な、それぞれの名場面たちが、
ガラガラと崩れ落ちて行く。


というのも、まったくもって、ツマラナい、エゾラゴト!?
そーいう印象が、どーしても、ぬぐえなかったのである。
私自身、どーして!?AKBの選抜総選挙を観たのかと言えば…?


その答えは、とてもカンタンなことで、単純に
感動したいからでありやす。


そして、いつのまにやら、忘れていた!?蒼さや、
甘酸っぱい感情を彼女たちを通して、
また呼び起こして欲しい!
そんな気持ちがあるからなのです。

感動的な過去の選抜総選挙|すべて台無しにしたヤツらの正体③

でも、今回の選抜総選挙は、観終えたあと…。
私の心の中には、大した感動も、甘酸っぱい感じで、
流れた涙もなく、こともあろうに、
最後の方のシーンでは、コレって…!?


もしかして!?大がかりなドッキリなのかも?
そんな気持ちになってしまいました。
最後の最後で、選抜総選挙第一位に輝いた、
さっしーの日産スタジアム一周、


あれなんか見てて、思ったのは?あの白い大きな
メリーゴーランドのような車に乗ったさっしーが
車ごと落とし穴に落とされ、メンバーはじめ
7万人のお客さんから笑われる!


そんな場面を、何回となく想像してしまったのでした…。
あの、バラエティー班の住人でもあり、勘違いの権化でもある?
さっしーの優勝って…。いったい、AKBのコアなファンたちは、
彼女に何を期待しているのだろ~?


個人的に、別にさっしーのことは嫌いではない私ですが、
選抜総選挙第一位という、くくりつけは全くもって
別だろーっと、ずーっと思っておりやした。


特に選抜総選挙、第一回から第三回まであった、
あのヒリヒリするような感情…。


観ている、こちら側サイドも引きずり込まれ、
暗く閉ざされた部屋に独りぼっちで、
放り込まれたような孤独感など…。
選抜総選挙、独特の削られ感とも言うのだろ~か?


あのギリギリな感じ。そーいった思いが、
第5回AKB選抜総選挙の中では、
ぜんぜん感じることができなかったのです。


それらよりも、やっぱり!コレは、ドッキリ番組なんじゃないの!?
きっと、そーなんだ!今年の選抜総選挙は、
秋元康さんが、予定調和を完全に崩したかった。


そんな思いや感情がアタマの中をクルクルと
駆けめぐる青春状態(笑)


私の過去記事でも触れましたが、大島優子さんは、
コトバの魔術師である。
マリコ様の昨年吐いた、つぶすつもりで来て下さい発言も、
元を探れば大島優子さんが使ったコトバの受け売りだったわけです。


なので、今年の選抜総選挙でも、見事!第一位に選ばれた
大島優子さんの口から…。


心に響きとおす感じの、感動的なスピーチを聞きたかったのに、
さっしーの一位という、ある意味では予想通りの結果に、
そんな期待がポロポロと剥がされてゆくのでありました。


たしかに、以前から噂にあるように、中国歌劇団のお金持ち族による
強烈な組織票。
コレらの噂が本当だとしたら、バラエティーという1つの
カテゴリーに特化した!?


さっしーが、アイドルというカテゴリーに身を置いた女優の
大島優子を見事な、ステップワークでかわし、
アイドル路線に特化した、渡辺まゆゆちゃんさえも、
怒涛の寄りで、おさえ込んでしまったことになる。


そこで、私は一人思う。
コレでいーいの!?
AKB選抜総選挙は、本当にコレでいーいのかと…。

関連記事

Return to page top