ホーム » 国内外・スキャンダル・事件の真相 » マヤ暦の終末論に新地球滅亡説|世界の学者が終りを覚悟した真相
« スポンサードリンク »

マヤ暦の終末論に新地球滅亡説|世界の学者が終りを覚悟した真相


ついにというべきなのか!?
2012年12月23日を迎えますね・・・。
数年前からハリウッド映画の題材としても
大きく取り上げらていた人類滅亡説。


特に2012年12月23日に人類が滅亡するという
マヤの人類滅亡説のくだりは、さまざまな
憶測が世間全体をにぎわしている中で
世界的にも超有名な滅亡となりました。


でも、実際に今年の23日を迎えてしまうと
この説って、本当のところはどーなのよ!!
そんな声も数多く上がってきてるのが
一般的な見方でもありますよね・・・。


なんでも、この超有名な人類滅亡説のマヤ!
よくよく研究者が調べたところ、この数字には、
明らかに計算ミスがあって、実際には
地球最後の日は、もうちょっと先の2015年!?


そんな仮説が、飛び出してきてますねー。
もともと、マヤ文明は?異常なほどの高い文明を
もっていたことは、いまさらなのですが、
実際はマヤについて記された書物は、ほぼ皆無。


なぜ?大河のない乾燥地帯にこれほどまでの
高度な文明が育まれたのか!?
そして繁栄の真っただ中、どうして?
マヤ人たちが忽然と姿を消したのか・・・!?


ずいぶん昔から言い伝えられてきてる伝説だけど
現代でも、その奇怪な歴史は語り継がれてますね・・・。
マヤ文明の謎を解くカギとまなる世紀の計算ミス!
この内容を簡単に説明しちゃうと以下になります。


マヤ長期暦の1周期を約5000年としてグレゴリオ暦に
換算した場合、4年に約1日増えるうるう年を
計算に入れていなかったと言います。
なので、5000÷4=1250日もの誤差が出てしまう計算。


ここで、誤差を修正していくとマヤ長期暦の終わりの日?
それは、西暦2012年12月23日から2015年9月3日となる。
で、ここで学者と名のつく先生たちの間で注目されたのが
古代遺跡に込められた、人々の思いにつながります。


時は、1970年。エジプトの人々は、毎年起きるナイル川の
氾濫に悩まされてたのですが、そこでエジプトの人々は?
ナイル川上流に超巨大なダムを建設します。
でも、そこで大きな事件が起きてしまいます。


古代エジプト文明の聖地とされていたフィラエ島の
イシス神殿が、ダム建設の影響で半水没状態となってしまう。
この神殿は、古代伝説に興味がある人たちの間では
ともて有名な話とつながりをみせていきます。


この神殿は?エジプト神話の女神イシスが太陽神ホルスを
産んだ場所とされている高貴な神殿、その場所でした。
そして、この神殿の壁には1465体の神々が描かれてたのですが
この神々の絵こそが現代に蘇る人類滅亡説と重なるというのです。


西暦550年に閉鎖されたこの神殿には、ある伝説が残されていて
この場所が閉鎖されれば毎年、秋分の日に一体ずつ
神々の加護が失われ、すべての神々が去った年の秋分の日に
世界が水没するだろうという説が残されているそうです。


また、ここで学者と呼ばれてる著名人のみなさんの間では
西暦550年から毎年、一体ずつの神々が去っていくとなると
西暦2015年9月に世界が水没するという計算が合致してしまう。
マヤ暦のズレと神々の絵が織りなす、その意味をひも解くと・・・。


やっぱり!人類滅亡説は避けて通ることができない。
甘く見ちゃいけない、怖い仮説ということになるのかな?
でも、個人的には人類滅亡説って。私の中では二重丸!!
だって、本来人間は生まれたら死ぬわけで・・・。


1人で産まれて、また1人でこの世の中から去って行く。
それが、本当に人類史上まれな出来事が起こってしまい
みんな一斉に消えてなくなってしまうのなら、
それは、それでとてもアリなんだと思います。


いつかは死ぬんだからね・・・。
どんな生命体でも永遠不滅なんてないわけで、
だからこそ、いまを熱く生きれてる人は
本当に本望だよね、いつ死んでも・・・。
関連記事
タグ / マヤ伝説

Return to page top