FC2ブログ
ホーム » 歌詞
« スポンサードリンク »

タグ「歌詞」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

hy画像と366日☆マイミク数一日で。。

hy画像と366日☆マイミク数一日で。。

 2009年イチ押しのjポップバンドとして注目をあつめているhy。snsで国内最大手のミクシーに登録するや否や、マイミクの数がなんと登録初日で1万人を超えてしまったそうです。このマイミク数はマイミク獲得数最短記録になってしまったそうです。今後の活躍が本当に期待されるjポップバンドのひとつですね。

HY、わずか1日でマイミク数122921人。。

 12月17日、HYがmixiの公認アカウントを開始し、開始からわずか1日でマイミク数122921人を突破。マイミク数1位獲得最短記録を樹立、インディーズ・アーティストとしては、史上初の快挙となった。mixiの公認アカウントは、2008年7月9日にサービスを開始し、若旦那(湘南乃風)、BONNIE PINK、川島あいといった様々なアーティストが参加しているが、12月18日現在のマイミク数TOP3は1位:HY、2位:若旦那(湘南乃風)、3位:さくりな となっており、現在もHYのマイミク数は、分刻みで増え続けている。HYは、2008年4月に発売したニューアルバム『HeartY』収録曲「366日」が映画×連続ドラマ「赤い糸」の主題歌に起用された事を記念して、『HeartY~Wish version~』を12月10日に発売。この作品が同日付のオリコンデイリーランキングで初登場10位にランクインした。音楽配信でも「366日」はiTunes総合チャートで1位を獲得している
(12月11日付)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081219-00000793-bark-musi

  沖縄出身の芸能人は、ここ数年の間で本当に増えて来ていますね!沖縄出身と言えば代表的なところでは安室奈美恵ちゃんは那覇市出身だし新垣勉さんは読谷村ですね。あとは 安良城紅さんと 石嶺聡子さんは宜野湾市出身、それから ORANGE RANGE や兼島麗子さんや 桑江知子さんは沖縄市になります。 あとはCoccoと D-51、知念里奈さんは那覇市になります。最近結婚を発表された 夏川りみさんは石垣市ですね。 あとは沖縄出身の有名なグループと言えばSPEED新垣仁絵ちゃんは島尻郡、今井絵理子ちゃんは那覇市、上原多香子ちゃんは現豊見城市でhiroちゃんは宜野湾市でしたね。それから忘れちゃいけないのがDA PUMPでISSAは沖縄市でKEN君は浦添市、YUKINARIも那覇市でした。あとは…、そうそうMAXのお姉さま達も沖縄出身の有名なグループになりますね!それと古いところではフィンガー5や喜納昌吉&チャンプルーズ の皆さんも有名ところかと思います。あとは…、そうだ!お笑いのさんまさんと仲が良いBEGINがいましたね~beginは石垣市出身になりますね。果たしてhyが今後、チョ~がつけられるくらい有名な沖縄出身の芸能人に成長出来るのか、どうなのか?皆さんはどう思われますか!?



HYプロフィール
  HY(エイチワイ)は、男性4人・女性1人のJ-POPバンド。メンバー全員沖縄県うるま市出身。2000年結成以来、インディーズシーンで活動している。個人レーベル“東屋慶名建設”所属(あくまでレーベル名であり、実際に建設関係の会社ではない)。「HY」というバンド名の由来は彼らの地元、沖縄本島中部、うるま市の与那城「東屋慶名(ひがしやけな)」のイニシャルから来ている。
メンバー
新里英之(しんざと ひでゆき、1983年4月12日 -)ギター、ボーカル、ラップ、通称「ひーで」英語表記は「Hide」
名嘉俊(なか しゅん、1983年5月10日 -)ドラム、ラップ、通称「しゅん」英語表記は「Shun」、作詞・作曲時は「TUN」
許田信介(きょだ しんすけ、1983年7月17日 -)ベース、通称「しんちゃん」英語表記は「Shinsuke」
仲宗根泉(なかそね いずみ、1983年11月1日 -)キーボード、ボーカル、通称「いーず」英語表記は「Izu」
宮里悠平(みやざと ゆうへい、1984年1月2日 -)ギター、通称「ゆーへい」英語表記は「Yu-hei」
来歴
2000年に高校の同級生である新里、名嘉、許田、宮里と名嘉の従兄妹である仲宗根で結成。2001年、初のミニアルバム『Departure』でデビュー。当初は沖縄限定発売だったが、沖縄での人気からCDが全国発売に至る。2003年、2枚目となるアルバム『Street Story』をリリース。インディーズでは異例の4週連続オリコンチャート1位を記録する。2004年に発売された3枚目のアルバム『TRUNK』も前作に続いてオリコンチャートで1位を獲得。これらの記録はインディーズとしては史上初の記録となった。また、同年にはリンキン・パークの来日公演のオープニングアクトを務めた他、初のホールツアー「ITTA SOMUN'04 TOUR ~そこにあるべきもの~」を開催する。2005年、『Departure』のリードトラック『ホワイトビーチ』がコカコーラのキャンペーンCMソングに採用。コカコーラのキャンペーンで「ANSHI COKE NONJOHNBAR RASSAI!! '05 TOUR」を開催する。2006年には全47都道府県を巡るツアー、「WATTA SHINKER '06 TOUR ~mu-ruiinchu~」を開催。そして4枚目のアルバム『Confidence』をリリース。また、初回5万枚限定アルバムも発売。このアルバムも、オリコンチャートでは初登場1位を獲得。これにより、インディーズ3作連続初登場オリコンチャート1位の記録を更新した。その後「HY 2006 KUMAKARA AMAE TOUR」を開催。武道館、大阪城ホールでワンマンライブを開催し、クリスマスイヴには沖縄北谷のカーニバルパーク美浜にてストリートライブを行った。また、3月7日にはライヴDVDが発売された。2007年3月には、カナダ・アメリカツアーも決定。トロント、ボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、オースティン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルの計8都市を回った。2008年4月、5枚目のアルバム『HeartY』をリリース。 同アルバム収録曲『366日』がフジテレビ系ドラマ・映画「赤い糸」主題歌に決定。wikiより。。
【関連情報】
hyの画像はコチラ▼
◆HYオフィシャル・サイト
関連記事

英語歌詞翻訳サイト☆

英語歌詞翻訳サイト☆

    Q:英語の意味などPCですぐ調べるのに、使いやすくて正確なサイトはありますか?主に洋楽の歌詞など。。。。

  A:わたしはここをよく利用しています。スラングや例文が豊富です。

http://www.alc.co.jp/index.html


  正確かどうかは答えにくいです。間違った使い方も定着すれば普及するでしょうし、、、
日本語でも超でっかいとか、正確な言葉じゃないですよね。
ここに示したURLはかなり一般に出てくる言葉(文)も例文として見当たりますので、正確じゃなくても使われる言い回しも拾えるだろうなとおもいますが、、、Yahoo!知恵袋より。。

  今回の「知っておいて損はない」は翻訳に関する話題を取り上げてみました。私の場合はジャパンモノも洋ピンものも両方好きなので?歌詞の翻訳をしたい時なんかには今回ご紹介のサイトをよく利用してますね!!私のブログに遊びに来られた方で英語の歌詞の翻訳を知りたいんだけれど、どこかいいところないかな~!?ッとお探しの方がいたのなら一度、今回ご紹介のサイトを覗いて見て下さいね!ヨロシク☆
関連記事

柴咲コウ+福山雅治“KOH+”、「最愛」PV視聴スタート


 柴咲コウ+福山雅治“KOH+”、「最愛」PV視聴スタート

なにをやっても絵になってしまう代表固有名詞
福山雅治と柴崎コウ。。

この二人が仲良く手を組んだ。
そうしたら、こうなりました。

柴咲コウ+福山雅治“KOH+”、「最愛」PV視聴スタート

ブログへ遊びに来てくださった皆さんは、
KOH+最愛
は予約しましたか~。。
チカゴロは、ダウンロードしたりレンタルしたりとCDの売り上げは激減しているとの事ですね。。

ダウンロードはホントに便利だし衝動買いをしたい時なんかは
私もけっこう利用はさせてもらっております。

ただ、自分の好きなアーティストの作品に関しては
仕事帰りにタワーレコードとかをのぞいて、購入していますね。。
なんか、それが自分の好きなアーティストに対する礼儀のような気がするんだ。。

まぁ~柴崎コウは、こちらのことなどまったく知りもしないわけで
レンタルをしてもダウンロードをしても購入することには
変わりないわけだから、そんなに気にすることもないと思うんだけど
CDのパッケージを見ているだけで、なんとなく
『俺は、この人のファンなんだ』という自覚がもてるのかな・・・。

パッケージのフォト写真が自分はとても好きなんだ。。
だから、自分の好きなアーティストのCDはお金がかかってしまうけど
買ってしまうんだよね。。

そのぶんは、ほかを節約して工夫をしてる。

今年の3月に発売された柴崎コウのシングルベストなんか、CDパッケージのフォト写真に
ひと目ぼれをして、迷わずにゲットしちゃったもんなぁ~。。

柴咲コウ+福山雅治“KOH+”、「最愛」PV視聴スタート

『じつに、おもしろい・・・』

柴崎コウの歌詞はコチラ

福山雅治と柴崎コウの話題はコチラ

福山雅治スコールはコチラ

▼トップページはコチラをクリック▼

気ままブログランキングはコチラをクリック▼
関連記事

Return to page top