FC2ブログ
ホーム » ベッキー
« スポンサードリンク »

タグ「ベッキー」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

批判されるべきはベッキーじゃなく川谷さんだよね!

甘噛み姫

画像写真は、NMB48不動のセンター!
山本彩さんが新曲「甘噛み姫」で魅せた
決まりポーズを描いたものになります^^
ベッキーの心中もきっと本心は・・・・?


この絵に描かれていた甘噛み姫のように
焦りや迷いで、混沌していたのかも。。
5/13(金)TBSで放送された中居の金スマに
干されていたベッキーが出演しました。


個人的には今回の1件で1番いけないのは、
ベッキーではなくて、ゲスきわの川谷さんの
方だと、ずーーーっと思っている私にとって
何で?ベッキーばかりが責められるの?


そんな気持ちを持ちながら中居くんの番組を
観ていたんだけど、ベッキーと中居君の
やり取りを見てて、さらに、その気持ちが
強くなっちゃったというのが正直な感想です。


だけど、ベッキークラスの芸能人になっちゃうと、
なかなか自分勝手な思いのままで、突っ走る事
それは、絶対にできないわけで、本当は彼女の
本音として、川谷さんと結婚して引退する。。。


そーいう夢を抱いていたんだと思います・・・・。
でも、川谷さんは、私が観る限りでは、彼女を
ベッキーをちゃんと守ろうとはしなかったよね。。
これがまず最大のダメダメだよなぁ~!!


だいたいお正月に自分の実家にベッキーを
連れていった時点で、もーーぉお!
これから先のことを覚悟していなくちゃね。。
それなのに周りのしがらみに負けちゃった。


だから責められるべき1番の対象は!?
ベッキーではなく、川谷さんの方だよね。。。
彼がもっと、男性らしくきちんとふるまってれば
もっとわかり易い恋愛事。。


そーいうことでベッキーもこれほどまでに悩まず
もっと早い段階で、謝罪会見を開けたと思うよ。。
なので、こーなってしまった以上、ベッキーには、
もっといい男と一緒になり幸せになってもらぉぅ。

関連記事
タグ / ベッキー

【中居正広の金曜日のスマイルたちへ】ベッキーが出る!

ベッキー

この写真のベッキーなんだけどね。。。
今となっては、ホント!痛々しいくらい
明るい売れっ子タレントさんだった頃の
彼女の悪ふざけ画像・・・・。


元々、この数か月間のベッキーに対する
不倫バッシングなんだけど、個人的には
なんで?みんなそんなに騒いじゃうの?
それが私の本音でありやした。。。


特にテレビのコメンテーター的立場の人々、
ホント!ベッキーサイドからしたら余計な
お世話だし、ベッキーにしても、何で私の
不倫騒動の話題がさ。。。


なぜに、こんなに引っ張られちゃうかな!?
ベッキー個人の本音として、そんな風に
思っていたんじゃないのかなぁぁ・・・・。
今回の不倫騒動が表ざたになるまでの彼女。


あのくらいの年齢のタレントさんとしては、
それはそれは理想的ともいえる売れ方で
ベッキー本人も、順風満帆!!
何とかこれから先もこんな感じで行きたい。


そんな風に思っていたし、所属事務所の
社長をはじめとした関係者の皆さんたちも
みーんな大手をあげて感謝感謝の万々歳!
そんな感じで回していたとおもうよね。。。


なのになのにの今回報道後の干され具合。。
ベッキー本人も、ここまでの大きな事件!?
こんな大きな報道されちゃうなんて!
夢にも思っていなかった・・・・。


それがホントの本音だとおもうんだよね。。。
だって、ベッキーと川谷さんとのやりとりが
表面化しちゃった、例のline画像の一件!
あれが何度か表に出た当時はね。


べッキー自身、いろいろしばらくの間は、
取り上げらえて、ベッキー自身の周辺が
大変なことになるだろうけど、かえって
これで、よかったのかなぁ・・・・。


揺れる乙女心とタレントしての野心との間で
気持ちはグラングランと揺れ動いていたけど
ベッキー自身は、川谷さんとの恋心が
成就するのならば・・・・。


まぁーー!!いいっかぁーーー!!
そんな風に思っていたのがおそらく彼女の
本音であり、本心であったと思いますよ。。
それにベッキーって、テレビの仕事がスキ。


誰よりもテレビタレントしての活動がホントね
ベッキーは、大好きだったと思うんだよね。。
それがここ数か月間の干され扱いで、
本人もかなり病んでしまっているらしいよ!


でもでも、そんな干され風全開のベッキー、
彼女にとって朗報的ニュースが入ってきた。。
なんと!本日5/13(金)不倫騒動で休養中の
ベッキーがテレビ番組に出ます・・・・。


みんなから大注目の番組は、そーです!
皆さんがもーーーぉお知っているあの番組、
TBS系の人気十八番番組の1つ!
「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」


番組の中で川谷さんとの不倫騒動について
ベッキーが熱く語るシーンも用意されてて、
テレビ番組という大きな媒体の中で
干され後の彼女が何を語るのか・・・・。


現在の心境を赤裸々に語るベッキー。。。
これは彼女に対して否定的な意見を持ってる
輩たちにとっても、関心度の高いモノになる!
それは間違いないところだと思いますよ。。


不倫報道後のベッキーですが1月30日から
芸能活動を休業していて、現在は自宅で
過ごしていることがほとんどだという。。。
今回放送される番組のロケ現場では?


少しやせた感じだが、ベッキーさんらしい
笑顔も見せていたと証言している関係者も
いるようだし、また他の関係者はベッキーが
川谷さんの元奥さんに対面して謝罪した。。。


そんな噂も報道されてきているよね・・・・。
この辺は、芸能界でよくある曲がりくねった!?
ゴシップ報道ではなくて、おそらく本当の話だと
個人的には思っています。


まあまあ、いずれにしても今夜放送される
中居くんの金すま。。。
いったい!気になる視聴率はどのくらいに
なるのか?結果が気になるなぁーーー!

関連記事
タグ / ベッキー

【ベッキー】ついにAKB48メンバー入り本決まりってw



先日、タレントのベッキーちゃんが
コスプレ写真をツイートした
ところ・・・。


ベッキー!まさかのAKB48
入りなの!?
あっという間の炎上騒ぎが
起きていますね。


ベッキーちゃんにしてみたら
初めから、炎上覚悟の
コスプレ披露?


ちょっとした暑い夏休み
期間の
おふざけ…。


そーいう感じでの、
写真の御披露目だったと
思います。


ベッキーちゃんにしても、
遊び心での写真
投稿だったと思うけど


投稿2時間ほどで、
リツイートが、
2000を超えたなんて!


一番、驚いてたのは、
ベッキーちゃん
本人なのかもね(笑)

関連記事
タグ / ベッキー

タレントベッキー画像☆cmに起用される訳。。

[ベッキー] ブログ村キーワード
タレントベッキー画像☆cmに起用される訳。。   


ベッキー プロフィール

生年月日 1984年3月6日 現年齢 24歳 出身地 日本・神奈川県 血液型 AB型
公称サイズ(出典不明) 身長 / 体重 157 cm / 39 kg BMI 15.8(低体重)


ベッキー(1984年3月6日 - )は、
神奈川県出身の女性タレント・女優・歌手。サンミュージック所属。



血液型はAB型。
本名について『うたばん』等のTV番組において名がレベッカであることを公表
(欧米でBeckyはRebeccaの愛称)したが、姓は非公開。


亜細亜大学経営学部経営学科卒業で経営学士。
デビュー当初は「コメディエンヌ」(女性コメディアン)を名乗っていた。

経歴

母の智佳子は日本人、父サイモンはイギリス人で両者とも東京在住。
2歳年下の妹ジェシカはロスにダンス留学していて
イッテQやオーラの泉などで姉妹出演したこともある
(番組終了後、Yahooのサーチエンジンで「ベッキーの妹」が検索上位に入った)


子供の頃から芸能人になることに憧れていて、
デビュー前に水着の仕事が来たが「将来お宝映像として出てしまうかも」と受けなかった。


またラブレターも「将来何かの思い出番組で使われてしまうかも」と考えて書いたことがない。
タレント活動と学業を両立させながら、
2006年3月に修業期限内(4年)で亜細亜大学経営学部経営学科を卒業した。


将来、雑貨屋の経営を目指しており、
ビジネスや起業を学ぶため経営学科を選んだ。
この際、学費を全て自分で払っていたことを明かした。


本人は「私は半分社会人ですし、当然です。
親には今まで小中高と沢山お金を払ってもらいましたから」とコメントしている。


また、在学中、友人に
「本当に普通に学校に来てるね」と驚かれたり、
学内で『ベッキー双子説』が流れたりしていたらしい。


日本とイギリスの二重国籍だったが、20歳を機に日本国籍を選ぶ。
テレビ東京の児童向け早朝番組「おはスタ」のマスコットガールOhaガール出身で
同番組のポケモンの名前の英語バージョンを紹介するコーナー
「ポケモン・ザ・ワールド」でデビューする。


以降バラエティー番組を中心に活動している。
2005年から2007年度にかけてネイルクィーン(タレント部門)を3年連続受賞し、
浜崎あゆみ以来の殿堂入りを果たした。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。。


  数年前からタレントのベッキーに魅かれている自分がいます。
それはよくあるグラビアアイドルを観る眼とは、まったく違うものではあります。


ベッキーを観ていて性的な魅力は感じない。
これは私だけが感じるものでベッキーの大ファンからすれば
大変失礼な事かも知れませんね…。


深夜番組等で番組の仕切り役として
番組に出演しているベッキーは本当におもしろい!!


沢山の様々な種類の番組に出ているベッキーなんだけど
個人的には恋愛対談をゲストの皆さんと語っているベッキーは実に愉快だ!


良く聞いていると、女性雑誌のananとかに出てくる恋愛特集に載っているような内容を
次々とマシンガン口調で語っているベッキー。


でもベッキーを通して伝えられていく恋愛談議は、
今どきの女子の代表的意見を聞いているみたいで楽しく感じる。
テレビ番組に出ているタレントを観る視線ではなくて
自分のオンナ友達の中にいる一番目立つ存在の女の子!
そんな親近感や存在感をタレントのベッキーには感じてしまう。


最近は100年に1度の大不況の年という事で
テレビ業界や広告業界でも投資への考え方が物凄く厳しくなって来ていますね。


今年、2009年もテレビcmの世界では
タレントベッキーが注目され続けるのだと思います。


親近感を感じるタレント、
そして存在感のあるタレントを
現在のcm業界では求められているのかも知れません。


不況を簡単に現すのなら”お金が回らない時代”と言い換える事が出来るのだと思う。
でも、どんな商売をされていても、どれほど大きな大企業であっても
宣伝をしない事には、お客さんを創る事は出来ませんね。


数年前から流行りだした口コミ広告にしても、
初めの一歩的な段階としては、商売を考えた時に
売りたい商品を、どこかの誰かに見てもらわなければならない。
そして、知ってもらわなければならない訳ですね。


存在を知ってもらう為に、どれほど時代が変わっても、
どんなに社会が不況になったとしても”宣伝する事”はなくなる事はありません。


テレビcmを利用するのは、名だたる大企業という事になるんだけど
自社のブランドイメージを壊さずに自社の商品を選んでもらう手段として
数多くの企業からオファーが絶えないのが現在のタレント、ベッキーなんだと思います。


綺麗な大きなブルーの瞳や女子達が憧れる肌のキレイさなど、
タレントベッキーの魅力は外見だけでも非常に高いポテンシャルがありますね。


それらを兼ね備えた上でベッキーには
女のコ全開フルスロットルのオンナの子トークがあります!


昨年、一年間はお笑いブームでもありましたが
2009年はカッコいい男子やおしゃれでスタイリッシュな女の子が
”喋るとおもしろい”みたいな切り口で
メディアの世界で露出しまくるのかも知れない。


そういった意味においてもタレント、ベッキーは今年2009年も
cm業界から引っ張りだこなんだと思う。。


cm業界関係者の専門家の間では次のような意見が語られていました。
興味深い内容になっていましたので私のブログでも紹介しておきますね▼

<テレビCM>今年は何がブレイク? ベッキーが起用される理由は?


「100年に1度」と言われる不況に襲われた昨年。世相を反映すると言われるテレビCMはどんな作品が放送されたのだろう。またオバマ氏が米大統領に就任し本格的に変革の時代を迎えそうな今年、CMもCHANGEするだろうか? 


広告とマーケティングの専門誌「宣伝会議」(毎月1、15日発売)などを発行する宣伝会議の田中里沙編集室長に聞いた。

【関連特集】お笑い、音楽、ドラマ・・・芸能界 今年活躍するのは?

景気悪化の影響か、各企業ともCMを流す本数は減っています。
それでもインパクトを持たせてCMは目立たせたい。
そこで存在感が大きな目立つ人を起用しがちです。
ここでも「勝ち組」に集中している感じですね。


企業が求めるのは、
自分の個性や考えをきちんと表現しているクリエーティブなイメージのタレント。


視聴者に商品を知ってもらうだけでなく、
できれば一歩進んで好きになってもらいたい。


だから当たり障りのないきれいな人よりも、
情報があふれる今の時代にきちんとメッセージを伝えてくれる人が好まれます。


例えばランキングに入っている玉木宏や妻夫木聡。
女性では堀北真希、上戸彩、相武紗季、宮崎あおい。
昔だと起用をためらったような力強い個性を感じる人たちです。


バラエティー番組などでそのキャラクターが知られるようになった
ベッキーもそうした一人と思います。
誰とでもすぐ打ち解けられるのに、芯はぶれない。


時代の閉塞(へいそく)感を突き破ってくれそうな明るく、
アクティブなイメージでさらに活躍の場を広げそうです。


昨年の大河ドラマ「篤姫」に出演していた瑛太も
今後起用が増えるのではないでしょうか。


もう一つの傾向は、
山口智充や世界のナベアツ、エド・はるみらお笑いタレントの出演が
一昨年に続き多かったこと。


テレビで最近、若手がネタを披露する番組が増えていて、
露出が増えた分勢いがあるのでしょう。


逆に、昔は多かったデビューしたばかりの
フレッシュなアイドルやスポーツ選手を起用するケースは減っている気がします。


作品では、資生堂が
「オダギリジョー 資生堂に就職」として実際に会社や工場でロケしたCMを55パターン作ったり、
オンワード樫山が菅野美穂を起用したファッションブランド「23区」のCMを
春夏用は46、秋冬用は23パターン作ったのも注目されました。


テレビでは一部しか放送せず、サイト上ですべてを公開して、
テレビとネットの連動も図っていました。


ただ余裕がある会社でないとそうした展開は難しいのも確かです。
かつてはCMから流行語が生まれましたが、今はCMだけで社会現象を作るのは困難。


そのため放送開始前に記者会見を開きCM自体を宣伝したり、
その時点の社会現象を取り込んでその勢いに乗っかったり。
昔の宣伝部はCMが流れるとほっとするという感じでしたが、
最近は放送期間中も世の中の反応を見て
せりふなどを手直しした新しいバージョンを投入することは普通になりました。


同じ世界観を長く展開企業戦略も「循環型」に今年は「環境」に関するCMがさらに増えそう。
「循環型社会」などの言葉は「エコ」に比べると、まだあまり一般には浸透していません。
企業もそうした新しい価値観と存在感をCMを通して広めていくと思います。


同時に企業のマーケティング戦略も「循環型」に変わりつつあります。
商品を売って終わりじゃなく、お客様と長く深く付き合う時代。


かつてはキャンペーンごとにCMが全く違ったイメージに変わったりしましたが、
それでは一度作ったブランドイメージが消えてしまいます。


 短い時間で勝負するCMでは難しい面もありますが、
同じ世界観のCMを長く展開するなど、そういう思考はすでに出てきています。


起用するタレントは、
今回のランキングに並んだような発信能力が高い人がますます重宝がられそうです。

 ◇たなか・りさ 1966年三重県生まれ。学習院大卒。広告会社を経て93年に宣伝会議入社。広告会社担当記者、雑誌「宣伝会議」編集長などを経て、07年から現職。広告電通賞、交通広告賞、ふるさとCM大賞、全国広報コンクールなどの審査員を務める。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090102-00000008-maiall-ent
★ベッキー画像はコチラをクリック▼
【関連ニュース】
<民放ドラマ>「ラブシャッフル」「只野仁」1月開始全12作見どころ紹介
<NHK大河ドラマ>今さら人に聞けない?「天地人」の魅力を探る
ガルネク、さくらまや、LOVE  今年彼女らがクル! 09年の有望ミュージシャン
「はんにゃ」って知ってる?お笑い若手コンビ 注目の4組
NHK朝の連続テレビ小説「つばさ」ヒロイン 多部未華子さん
関連記事

Return to page top